水溶性フェノール樹脂の特徴

弊社の主力製品であるDHDPS(ジヒドロキシジフェニルスルホン)の中央のスルホニル結合は強い電子吸引性と化学的安定性の特徴があります。
更に、DHDPSのヒドロキシル基は通常のフェノール、クレゾール、ジヒドロキシジフェニルプロパンやタンニン酸のようなフェノール化合物に比べて酸性度が高く、その水素結合力を利用して、様々な分野に使用されております。。
我々はこのDHDPSの特徴に着目し、スルホン酸化合物と共重合させることで、種々のアニオン性水溶性樹脂を開発致しました。。
基材との接着性に優れたアニオン化表面処理剤として、多くの用途に展開を期待しています。

DHDPS DHDPS

用途例

①ナイロンフィックス剤

ナイロン繊維の末端アミノ基と水溶性フェノール樹脂のスルホン酸基とのイオン結合力、 酸性染料のアゾ基と水溶性フェノール樹脂の水酸基との水素結合力を利用して、 酸性染料の固着処理剤として使用されています。

ナイロンフィックス剤の染料固着模式図

ナイロンフィックス剤の染料固着模式図

②カチオン物質のバインダー

DHDPSとスルホン酸化合物のモル比や分子量等を適正化することで、 ポリエステルやセルロースといった結合手の無い基材にも高い密着性を示すことを見出しました。
DHDPSの水酸基と基材のカルボニル基や水酸基との水素結合力に加えて、 レゾール型水溶性フェノール樹脂末端のメチロール基を利用した架橋(熱硬化)により、 高い堅牢性を示します。

カチオン物質のバインダー機能模式図

カチオン物質のバインダー機能模式図

使用例(ナイロンフィックス剤)

処理方法

ナイロン繊維を酸性染料で染色した後、フェノール樹脂で酸性染料を固着処理。

プロセス

ナイロンフィックス剤 処理方法 プロセス

試験機器
  • 赤外線加熱式回転ポット染色試験機:TEXAM Co.,LTD.製(UR;MINI-COLOR.V5)
  • オートミニセッター:DAIEI KAGAKUSEIKI MFG.Co.,LTD製)

試験結果

  フィックス処理による変色 洗濯試験(JIS-L-0844 A-2)
変退色 ナイロン レーヨン
ブランク ブランク - フィックス処理による変色 ブランク - 変退色 ブランク - ナイロン ブランク - レーヨン
当社品
ビスフェノールS/ビスフェノールSスルホン酸系ノボラック樹脂
当社品 ビスフェノールS/ビスフェノールSスルホン酸系ノボラック樹脂 - フィックス処理による変色 当社品 ビスフェノールS/ビスフェノールSスルホン酸系ノボラック樹脂 - 変退色 当社品 ビスフェノールS/ビスフェノールSスルホン酸系ノボラック樹脂 - ナイロン 当社品 ビスフェノールS/ビスフェノールSスルホン酸系ノボラック樹脂 - レーヨン
当社品
ビスフェノールS/フェノールスルホン酸系レゾール樹脂
当社品 ビスフェノールS/フェノールスルホン酸系レゾール樹脂 - フィックス処理による変色 当社品 ビスフェノールS/フェノールスルホン酸系レゾール樹脂 - 変退色 当社品 ビスフェノールS/フェノールスルホン酸系レゾール樹脂 - ナイロン 当社品 ビスフェノールS/フェノールスルホン酸系レゾール樹脂 - レーヨン
他社品 他社品 - フィックス処理による変色 他社品 - 変退色 他社品 - ナイロン 他社品 - レーヨン

使用例(レギュラーポリエステルのカチオン可染化処理)

処理方法

前処理としてレギュラーポリエステル繊維にフェノール樹脂を固着した後、カチオン染料で染色。

プロセス

レギュラーポリエステルのカチオン可染化処理 プロセス

試験機器

  • 赤外線加熱式回転ポット染色試験機:TEXAM Co.,LTD.製(UR;MINI-COLOR.V5)
  • オートミニセッター:DAIEI KAGAKUSEIKI MFG.Co.,LTD製)

試験結果

  ブランク 染色布 洗濯試験結果
JIS-L-0844 A-2
Estrol Yellow N-2RL 200%
1.0%o.w.f
Estrol Yellow N-2RL 200% - ブランク Estrol Yellow N-2RL 200% - 染色布 Estrol Yellow N-2RL 200% - 洗濯試験結果
Estrol Red N-GSL
2.0%o.w.f
Estrol Red N-GSL - ブランク Estrol Red N-GSL - 染色布 Estrol Red N-GSL - 洗濯試験結果
Estrol Br.Blue N-RC(C)
2.0%o.w.f
Estrol Br.Blue N-RC(C) - ブランク Estrol Br.Blue N-RC(C) - 染色布 Estrol Br.Blue N-RC(C) - 洗濯試験結果

Commercial Products

DHDPS/Phenolsulfonic acid resin

DHDPS

※ フェノールスルホン酸ユニットが少ない場合、酸性サイドでは水溶性が得られない場合が御座います。
ENCS Registry No. 9-2533
CAS Registry No. 71832-81-0
EINECS Registry No. 290-719-8(CAS:Registry No.90218-44-3)
TSCA registered
Properties
Appearance Light Brown
pH 9~10
Viscosity(25 ℃) 100cps max.
Solid content 30%
※This product contains no acetic acid.

Laboratory Products

Phenolsulfonic acid resin Sulfanilic acid / Phenolsulfonic acid resin
Phenolsulfonic acid resin Sulfanilic acid / Phenolsulfonic acid resin