マネジメントシステム

水溶性フェノール樹脂

水溶性フェノール樹脂の特徴
技術資料

弊社のメイン商品であるDHDPSは、中心に電子吸引性のスルホン基を有するため、通常のフェノール、クレゾール、DHDPS Aやタンニン酸のような化合物に比べ、両端の水酸基が非常に強い水素結合力を有します。

ENCS
Registry No.3-2169
CAS
Registry No.80-09-1

DHDPS (4,4’-Dihydroxy diphenyl sulfone)

このDHDPSの特徴に着目し、スルホン酸化合物と共重合させることで、種々のアニオン性水溶性樹脂を開発致しました。基材との接着性に優れたアニオン化表面処理剤として、下記のような用途に展開しています。

展開用途

ナイロンフィックス剤
酸性染料の固着剤として用い、洗濯および耐光堅牢度を向上させます。
カチオン物質のバインダー
繊維表面のアニオン化処理に用い、カチオン系の抗菌剤および染料等を付与することが出来ます。
ペーパーフィックス剤
抄紙工程において、ポリエチレンオキサイド(PEO)と併用し、微細なパルプを凝集させます。歩留まり向上剤として用います。

ページ上部へ戻る