開発商品

エポキシ樹脂ン

エポキシ樹脂の開発と製造

2004年にボーイング787向けの炭素繊維複合材料(CFRP)に用いられるエポキシ樹脂の受託製造を開始致しました。 本生産を機に長年にわたり蓄積した合成造技術を活かし、電子材料並びに接着剤等、多岐に亘ったエポキシ樹脂の開発を始めました。

商品に関して

弊社保有のジフェニルスルホン骨格を有する化合物を用いて、高耐熱性エポキシ樹脂の開発を進めております。先ず、第一弾として3,3'-ジアミノジフェニルスルホンのエポキシ樹脂(TG3DAS)のスケールアップ試作を成功し、サンプルワークを開始しました。

TG3DAS

CAS
Registry No.78542-64-0
ENCS
新規化学物質

Tetraglycidyl - 3,3' - diamino diphenyl sulfone

基本物性
<
試験値
外観 黄色透明フレーク
揮発分 0.2%以下
エポキシ当量 136±6
加水分解性CI 1000ppm以下
硬化物性
TG3DAS TGDDM 備 考
硬化物外観  
ガラス転移温度(℃) 250 260 TMA 2nd RUN
平均線膨張率(ppm/℃)
< Tg
> Tg
40
50
170
45
60
170
(40~80℃)
(100~180℃)
(275~285℃)
曲げ強度(MPa) 110 160  
曲げ弾性率(GPa) 4.3 3.2  
硬度(Shore D) 92 90  
硬化条件 配合比
TG3DAS:DDS=100:40(重量部) 120℃×1hr+150℃×2hr+180℃×3hr
配合比   
TGDDM:DDS=100:45(重量部) 120℃×1hr+150℃×2hr+180℃×3hr
 
※TGDDM=テトラグリシジル4,4’ジアミノジフェニルメタン

ページ上部へ戻る