研究開発?Research & Development

スルホン化技術

我々は創業以来スルホン化反応を中心に、顕色剤、難燃剤、医薬等に用いられるいわゆる機能性化学中間体の製造・開発を進めて参りましたが、近年、そのスルホン酸基が示す「プロトン伝導性」「エレクトロン伝導性」といった機能に注目した新規材料の開発要求が強く、新規スルホン酸モノマーのご提案や特殊ポリマーのスルホン化処理といった新たな分野に挑戦しています。
お客様のクローズドな開発ステージにおいて、いかにインサイダーパートナーとして認知して頂くかに取り組みます。

トランス・スルホン化技術

硫酸や発煙硫酸、サルファンやクロルスルホン酸といった一般的なスルホン化反応に加え、右に示すようなトランス-スルホン化という当社独自技術を保有しております。トランス・スルホン化は、硫酸、発煙硫酸、クロルスルホン酸、無水硫酸等を使用した場合と比較して、副生物の無い、マイルドでクリーンなスルホン化方法です。我々は、無水のポリアルキルベンゼンスルホン酸類が容易にスルホン酸基を離脱し、他の化合物に転位する現象を発見し、それを用いた新規なスルホン化方法を開発しました。   

スルホニルクロライド誘導体

弊社の得意技術を活用して、数々のスルホニルクロライド誘導体もご提供致しております。 スルホン酸エステル、スルホン酸アミドまで一貫してご提案させて頂きます。

ページ上部へ戻る